会計ソフトについて

Q:どの会計ソフトに対応していますか?

 クラウド型会計ソフトでは、マネーフォワードクラウド会計・確定申告、freee会計に対応しています。また、インストール型会計ソフトでは、弥生会計・やよいの青色申告に対応しております。
 当事務所では、とりわけ、クラウド型会計ソフトを推奨しております。導入方法や操作方法に不安があるお客さまにつきましては手厚くサポートいたしますのでご検討ください。
 また、上記以外の会計ソフトをご使用のお客さまにつきましても、ご要望に合わせて可能な限り対応いたしますので、一度ご相談ください。

その他

Q:記帳代行はしてもらえますか?

 当事務所では記帳代行を承ってはおりますが、以下の理由から、お客さまご自身で会計ソフトへ入力していただくこと(自計化)を推奨・推進しております。

  • 会計事務所が資料を受け取るのは、通常、その月の翌月下旬以降であり、その後にまとめて会計ソフトへ入力するため、どうしても試算表の完成が遅くなってしまうこと
  • その月の翌月中に期限が到来するもの(源泉所得税の納付や償却資産税の申告など)があるが、資料の受け渡しが翌月下旬以降である場合、別途、資料の受け渡しや情報のやり取り、集計作業が必要となること
  • 会計事務所が、お客さまの細かな支出を含めたすべての取引の内容を正確に把握することは現実的に難しいこと
  • どういったコストを削減できるのか、どういったところにもう少し投資をしていいのかについてお客さま側(経理担当者さまなど)の意識が高まること

Q:給与計算や社会保険の手続きはしてもらえますか?

 給与計算や社会保険の手続きは原則として承っておりません。ただし、以下のようなケースにおきましては、お客さまの事務的なご負担を考量したうえで承らせていただくことは可能です。

  • 法人さまで、代表者さまご本人の役員報酬のみのケースや、加えてご親族さまのみに役員報酬や給与の支払いがあるケース
  • 個人事業主さまで、給与が青色事業専従者給与のみのケースや、加えてご親族さまのみに給与の支払いがあるケース
  • その他少人数かつ毎月の支給額の変動が少ないケース